一般財団法人鹿島平和研究所

安全保障研究


近年、安全保障問題が重要な課題となっていることにかんがみ、安全保障を中心とした対外政策について委託研究を行っている。


第1回  (平成28年11月)
 今般、日本の安全保障にとっての喫緊の課題となっている北朝鮮問題に関し、
 委託先 の安全保障外交政策研究会から次のような政策提言を得た。 
 
 「北朝鮮政策の再検討:
  
分断国家の核武装にいかに対処すべきか」 click
        小此木政夫 著
          安全保障外交政策研究会シニアアソシエイツ
          慶應義塾大学名誉教授
 
第2回  (平成29年1月)
 「トランプの外交安保政策の方向性 ― 大統領の特異な性格と現実的な閣僚選択との相互作用の行方 ―」click
        渡部恒雄 著
          安全保障外交政策研究会シニアアソシエイツ
          笹川平和財団特任研究員

第3回  (平成29年2月)
 「トランプ政権の経済的影響について」click
        伊藤元重 著
          安全保障外交政策研究会シニアアソシエイツ
          学習院大学教授




 カレントトピックス

自衛隊の新任務:問われる積極的平和主義の真価 」(平成28年12月)click
         西田一平太 著
           SSDP アソシエイツ
           笹川平和財団研究員

日本フィリピン戦略対話(平成29年1月)click
         德地秀士 著
           安全保障・外交政策研究会シニアアソシエイツ
           政策研究大学院大学シニアフェロー




注) 政策提言、カレントトピックスの無断利用、転載、複製を禁止とします。





















Copyright (C) KAJIMA INSTITUTE of INTERNATIONAL PEACE. All Rights Reserved.